業務の手間を削減できる給与計算ソフトを導入しよう

男の人

クラウドサービスを活用

オフィス

文書管理は整理整頓が行き届いたビジネス現場を実現するのに有効な方法です。クラウドサービスなどを利用することで安価にそして高セキュリティの管理を行う事ができます。利便性の高いソフトを組み合わせることで更に効率を高めることができます。

詳細を読む

制度の違いを理解する

街

日本と同じように香港にも会計制度がありますが、同じ制度でもそれぞれによって違いがあります。会計の関する基準が具体化されているのが日本ですが、香港では具体化されていません。そのため株式会社には公認会計士による監査が義務づけられているのが特徴になっています。

詳細を読む

社内の管理

電卓

優秀なソフト対人間

給与計算作業は、ルールに則れば数字を当てはめていくだけの単純作業に見えますが、実はなかなか煩雑な事務作業です。今は、給与計算を手作業で行う会社はほとんど無く、何かしらのソフトを使用して毎月の給与計算処理を行っている事が多いと思います。ただ、給与ソフトはコストを掛ければ、その企業の就業規則や給与規定のルールに合わせてカスタマイズ出来るものの、起こりうるすべてを網羅することは難しいと言えます。例えば、ソフト導入時には想定していなかった、新しい事業所が出来て職員が異動する場合、特別な事情である職員に手当てを支給する場合、新しい役職と給与体系を設定した場合などのケースが多々あります。給与計算を行う者は、ソフトでは判断できない事例に、その都度判断し、ソフトが計算出来るように手作業で変更を行います。当然、前提となる社内ルールが頭に入れておくる必要があります。なおかつ、過去の事例や、新ルールにより今後どのような箇所に影響が出るのかという判断もしなければいけないのです。

ミスは起こりうるもの

今後、AI(人工知能)のレベルが上がり、人間の代わりに事務作業を完璧にこなせるようになれば別ですが、現段階では、給与計算はかなりの割合で、担当する人が注意を払って期日までに業務を遂行する必要があります。取引先に影響が出る社外的な業務ではありませんが、給与計算でミスをして、たとえば誤った給与や賞与になってしまった場合、社内業務であってもお金というナイーブな件でもあるので、出来ればミスは避けたいものです。また、年末調整や期末の大きな締め日に間違えると、修正を行う際に、税額の計算や決算などにも影響が出て、煩雑な作業にも繋がります。そのような意味で、給与計算にどれだけのコストを掛けるかという判断によりますが、優秀な給与計算ソフトを購入したり、あるいは計算を外注するなど、工夫をする必要があるでしょう。

効率のよい会社経営をする

ネットワーク

会社で必要な会計や人事は別々に情報処理されていたのですが、最近はERPの登場によって情報の一元化をしてコスト削減できるようになりました。またERPにはいくつかのタイプが用意されているので覚えておくといいでしょう。

詳細を読む