制度の違いを理解する|業務の手間を削減できる給与計算ソフトを導入しよう

業務の手間を削減できる給与計算ソフトを導入しよう

男性と女性

制度の違いを理解する

街

日本と異なる基準

香港の会計制度は日本とは異なります。香港の起業を経営する場合や、企業をM&Aで買収する場合などは会計制度の違いに注意しておく必要があります。日本は米国と同じ会計制度を取り入れています。日本の制度は基準が細かく決められています。そのため決算などの書類を作成する場合にはこの基準を満たしているかどうか一つ一つチェックすることが仕事になります。税理士や公認会計士の仕事もこれに当てはまりません。基準を逸脱してる場合には是正するなどの修正作業が必要なのです。しかし香港の場合には、基準はあくまでも判断基準のみであり、具体的な数値根拠までは提示されていないのです。そのため香港の株式会社には、公認会計士による会計監査が義務付けられています。

監査は必須条件

香港でも米国や国際基準に沿った会計を行うことはできますが、決算報告の内容にも差異があります。営業利益からの利益の算出では日本では経常利益を算出し特別損益や営業外損益を出したのちに前年度との利益合算を行います。しかし香港の場合では経常利益を出さずに直接前年度との合算を行う事も少なくありません。内訳が明確でないため、思わぬところに落とし穴があるケースがあるのです。そのため香港の決算書を閲覧する場合には、注意が必要なのです。さらにhジョン度との違いもあります。年々制度が変更していることもありますが、長年英国のスタイルを持ってきた香港ではその制度を踏襲しているケースも少なくないのです。そのため複数の会計制度が混じっている事にも注意しなければならないのです。